カートをみる 会員登録/会員ログイン 送料・お支払について お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS



母の日

母の日はもともと、南北戦争の後に夫や子供を戦争に送りたくないという気持ちから始まったものです。

主催者のアンナの母親が白いカーネーションが好きだったことから、最初は白いカーネーションが母の日のシンボルになりました。

その後、母の存命する者は赤いカーネーションを、母を亡くしたものは白いカーネーションを胸に付けるようになったと言われてます。

【花言葉】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・「真実の愛」「愛情」「情熱」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・「尊敬」「純潔の愛」
ピンク・・・・・・・・・・・・・・・・・・「感謝」「上品・気品」「暖かい心」
黄色・・・・・・・・・・・・・・・・・・「美」「嫉妬」「愛情の揺らぎ」「友情」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・「誇り」「気品」

七夕

7月7日と8月7日は七夕の日です。

笹は中国からの輸入に押され、国内生産ではまったくコストが合いません。

が、吹流しはメッキやエンビが傷つきやすいことかさばることが要因で国内メーカーで制作してます。

国内の主なメーカーとしては、東京の弊社、Y社くらいしかありません。

来年はコンパクトに収納できるタイプを考えてます。

何年もご利用いただく・・・これもひとつのエコですね。

オリジナルクリスマスツリー

オリジナルのカラーでクリスマスツリーを作りたいっというご要望を頂戴いたしました。

クリスマスツリーを作る機械はちょっと特殊で、ツリーの製作にしか使えません。

(モールもモールのみ、プレスはプレスのみなので、すべてそうですけど・・・・)

昨今、中国から大量に安いツリーが入ってきますので、

国内メーカーとしては・・・・どんどん縮小傾向にあります。

私の知っている限りですと、クリスマスツリーの機械を持っている同業メーカー、東京の弊社、大阪3社。

当社の機械ですと、ミニサイズしか作れませんので

大阪の同業へ連絡をしてみました。

A社・・・倉庫の奥にしまったので、作業できる場所に持っていくだけでコストがハル。

B社・・・弊社同様にミニサイズしか持ってません。

C社・・・(機械を)捨てるかどうか考えておったわ~。詳細教えて~。

とのことです。

中国の工場は1年かけて世界中のクリスマスツリーを作るので、

SP用の別注対応は、今発注しても納期が間に合いません。

改めて、国内で製作することと中国からの輸入のバランスが大切と思いました。

これからも弊社は国内メーカーの一員として製造のバランスを考えながら、注力してまいります。どうぞ、よろしくお願いいたします。

追伸:

検索エンジンで「クリスマスツリー 製造」と検索すると関係のない会社が出てきました(笑

確か、○○の専門製作メーカーなんですけどね。

ホームファッションフェア2007 フラワー&マテリアル

4月4日から6日まで、東京ビックサイトにてホームファッションフェアがありました。

贈る花&飾る花byニコライバーグマンの講習会に参加!

世界トップデザイナーによるフラワーデモストレーションを見て、

プリザーブドは質感は高く保存性があり、水に弱い。生花は質感は高く、水が必要、枯れる。プリザーブドとアーティフィシャルの組み合わせが今後注目されると感じました。

弊社商品も今後アーティフィシャルとの組み合わせを提案していきたく思います。

東京リボンの社長様の計らいで入場料無料o(^-^ )o( ^-^)o

GW明けには東京リボンの商品もオンラインでご購入できるように調整しております。しばしお待ちを・・・

会員登録はじめました

リピーターのお客様が多く、何かお客様へ還元したと考え

会員登録を始めました!

私自身、ネットで物を買うことが多いのですが、

非常に嫌なのがメールマガジンが多い!こと。

自分が嫌なことは人にはしません。

なので、弊社ではメールマガジンの登録をしない限り

一切のメールマガジンの発行はしないことにしました。

ネット通販のセミナーではメールマガジンの重要性を説いてますが・・・・・・・・・・

お気軽に会員登録してくださいね。住所登録などの手間が省け

ポイントによるお値引きもあります

温暖化

昨今ニュースで騒がれている『温暖化』現象。

今年の桜の開花は例年よりも早いはず・・・。

工場では現在フル稼働で桜の立木を製作中です。

かつては入学式の花でしたが、卒業式の花に変わるときがくるのでしょうか?

ちょっと心配です。

オールドセントニック・・・バーボン

クリスマスに関するちょっとロマンチックな話を。

オールドセントニックというバーボンがございます。

【名前の由来】

セント・ニックと呼ばれたバーボンを作る老人の名前からで、クリスマスに特別熟成品を売り出していた。聖ニクラウス(サンタクロース)→セント・ニックになったとか・・・・・・

よくBARで「サンタクロースがモデルとなったバーボンがあるんだけど飲んでみる?」

「はい。いっぱいいただきます」

とってもおいしいのですが、度数が高い!!

すぐによって夢心地に・・・・・・・

いろいろな種類があって、年数はもちろんのこと

夏麦・冬麦・ライ麦・・・・・おいしいお酒でクリスマスパーティをしたいものです。

クリスマスシーズンの到来☆

東京は北風一号が日曜日に吹き、街も少しづつクリスマスの雰囲気になってきました。今年はどんなクリスマスになるのか今から楽しみです。この時期のショッピング大好きです☆

いよいよ開店です☆

クリスマスに向け、ようやく開店いたしました。

街のデパートはクリスマスへと切り替わり

スーパーなどはクリスマス商戦と秋商戦が混在してます。

まだまだ暖かいので、実感がありませんが・・・・・

日に日に足取りが軽くなっていきます。

ページトップへ